/

この記事は会員限定です

広島の酒類卸、クラフトビール参入 江田島の観光資源に

[有料会員限定]

酒類卸のヒラオカ(広島市)はクラフトビールの製造に参入する。約5千万円を投じて広島県江田島市に製造拠点を設け、2022年中の出荷を目指す。当初の年間生産量は330ミリリットルの瓶で2万本弱。新型コロナウイルスの影響で飲食店向けの売り上げが落ち込むなか、酒販店など現在の販路も生かして収益源を増やす。5年後に年間2億円の売り上げを目指す。

このほど国税庁に発泡酒の製造免許を申請した。うまくいけば5月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り701文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン