/

この記事は会員限定です

中国銀行、持ち株会社制移行も検討 地域経済底上げへ

[有料会員限定]

中国銀行が持ち株会社制への移行の検討を始めた。低金利や地域企業のニーズの多様化に対応し、コンサルティングなどの業務を広げる。目先の融資に直結しない古墳の魅力発信などの地域経済の底上げに支店が率先して取り組む事例も出始めた。戦後の混乱期に確立した「自主健全経営」を維持しつつ、挑戦を促す企業風土づくりを進めている。

「従来の銀行業の思想や行動様式にとらわれず、変化の激しい社会情勢に機動的に対応する必要がある」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り935文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン