/

この記事は会員限定です

横浜銀行、AIで企業の経営課題を分析 ミライズと開発

[有料会員限定]

横浜銀行は地方銀行で初めて、人工知能(AI)を使って企業の経営課題を推計するモデルを開発する。企業の業績や口座の取引履歴などのミクロデータと経済指標などマクロデータを分析し、企業の経営課題を推定できるようにする。これまで行員の経験則に頼っていた新規顧客開拓をデータを使って効率化する。

金融ビッグデータ解析のミライズ(東京・港)とAIを開発し、10~11月ごろの稼働を目指す。経営課題の相談ニー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り195文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン