/

茨城知事、処理水放出「現段階で納得」 東電社長と面会

東京電力の小早川智明社長は20日、茨城県庁を訪れ、福島第1原発の処理水を海洋放出する政府決定を受けた対応方針を大井川和彦知事に説明した。小早川氏は風評被害対策と被害発生時の賠償について説明し「茨城県からも丁寧に意見を伺い、計画に反映していきたい」と述べた。

福島第1原発の処理水放出対応方針について、茨城県の大井川和彦知事(右)に説明する東京電力の小早川智明社長(20日午前、茨城県庁)=共同

大井川知事は「茨城県は福島第1原発事故の被災地で、漁業者は事故から立ち直り、いよいよこれからという時の決定。関係者に納得いただけるような対応を」と要望。その上で、柏崎刈羽原発を巡る一連の不祥事に言及し、「本当に大丈夫なのかという不安を強く感じている」と述べた。大井川知事は面会後、取材に応じ「東電の説明には、現段階では納得した」と冷静に受け止めた。

政府は処理水を海洋放出する処分方針を13日に正式決定。海水で100倍以上に薄め、トリチウム濃度を国の基準の40分の1未満にして、2年後をめどに放出を始める。東電は風評被害対策に取り組み、被害が生じた場合は賠償する。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン