/

松本パルコに「美術館」 草間弥生さんらの作品展示

長野県松本市の松本パルコの館内に7月3日から美術館が登場する。松本市美術館が改修で一時休館していることに伴い、松本市出身の前衛芸術家である草間弥生さんらの作品を展示する。ミュージアムショップも設ける。新型コロナウイルス禍で中心市街地を訪れる観光客などが落ち込むなか、地域活性化の拠点にもしたい考えだ。

草間さんの作品などを展示する(草間彌生《大いなる巨大な南瓜》2017年 ©YAYOI KUSAMA)

松本市や松本商工会議所などで構成する松本まちなかアートプロジェクト2021実行委員会が2022年2月末まで「パルコde美術館」を開設する。松本パルコの6階全体と屋上を使い、草間さんら地元にゆかりのある現代アーティスト12人の絵画や彫刻、写真などを展示する。開館時間は午前10時~午後6時で、水曜日は休館。入場料は500円で中学生以下は無料となる。

松本市美術館は草間さんの作品展示などで人気が高く、国内外から多くの観光客が訪れる市内の代表的な集客施設。しかし、大規模改修のために4月から約1年間休館している。関係者はコロナ禍で冷え込んでいる市内の観光関連などの活性化に向けた目玉の一つにしていきたい考えで、期間中に4万人の有料入場者を見込んでいる。

松本パルコの伊藤智人店長は「パルコだけでなく中心市街地全体の活性化につながる『シャワー効果』を期待している」と話している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン