広島サミット含む5日間、交通量5割削減 ゴミ収集休止も - 日本経済新聞
/

広島サミット含む5日間、交通量5割削減 ゴミ収集休止も

広島県と市などでつくる広島サミット県民会議は20日、2023年に同市で開かれる主要7カ国首脳会議(G7サミット)の期間中とその前後1日の計5日間、市中心部などの交通量を通常時の50%に抑える目標を発表した。社用車の利用自粛やゴミ収集の休止などで県民の生活にも影響する見通しだ。

交通量を削減するのは5月18日から22日まで。各国の要人が県内を移動する際、交通規制による大規模な渋滞が予測されるため交通総量を減らす。現在想定しているのは、広島空港(三原市)と会場候補地のグランドプリンスホテル広島(広島市)を結ぶ高速道路や、同ホテルと平和記念公園を結ぶ一般道だ。

規制に伴う渋滞を抑えるため、県は県民や企業などに期間中のマイカー利用の自粛や社用車の利用抑制、行事の日程変更を呼びかけている。ゴミ収集の休止や大学の一部休講も検討している。県民会議会長の湯崎英彦知事は20日の記者会見で「県民や事業者には総量抑制の必要性をご理解いただき、事前の対策の検討をお願いしたい」と呼びかけた。

警備や交通対策の実務を担う広島県警の森元良幸本部長は、「16年の伊勢志摩サミットの際の状況を伝えるなどして、県民が具体的なイメージを持てるようにしたい」と述べ、県民生活への影響を丁寧に説明する方針を強調した。

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

G7首脳会議

G7サミット(主要7カ国首脳会議)が2023年5月に広島市で開催されます。会議の議題や各国首脳の来日時の動きのほか、開催地・広島おもてなしに向けた準備などのニュースをまとめました。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません