/

中日本高速とドコモ、AI使った渋滞予測 東名で

中日本高速道路(NEXCO中日本)はNTTドコモと連携し、東名高速道路の一部区間で人工知能(AI)を活用した渋滞予測の実証実験を始めた。過去の渋滞状況や当日の人出情報などをもとに、当日の渋滞状況を予測して専用サイトで所要時間を表示する。渋滞予測が利用者の渋滞回避行動につながるかなどを検証する。

新たな渋滞予測の提供は15日から、東名高速上り線の御殿場ジャンクション(JCT)―東京インターチェンジ(IC)間で始めた。予測はドコモが開発した携帯電話の位置情報などをもとに渋滞を予測する「AI渋滞予知」とNEXCO中日本の持つ規制情報などを組み合わせる。

当日午前中の神奈川県、静岡県、山梨県の人出と同日午後の交通量の関係性をもとに予測モデルをつくり、対象区間の所要時間を午後2時から午前0時の間、30分単位で予測する。同社が「AI渋滞予知」を活用して渋滞を予測するのは初めて。

NEXCO中日本は先端技術を導入したサービス向上や道路保全に取り組んでおり、今回の渋滞予測はその一環となる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン