/

この記事は会員限定です

仙台「光のページェント」来場者10分の1、収入確保課題

[有料会員限定]

仙台市中心部の冬の風物詩で、ケヤキ並木に発光ダイオード(LED)電球をともす「SENDAI光のページェント」の2020年12月~21年1月開催分の報告書がまとまった。新型コロナウイルス対策で規模を縮小したところ、来場者は前回の10分の1に減り、期間中の感染者の大幅増にはつながらなかった。コロナ下でのイベントのあり方を同イベント実行委員会の高橋進伍委員長に聞いた。

――規模を縮小しましたが、来場者は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り987文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン