/

この記事は会員限定です

大坂靖彦氏(17) ケーズに提携先を変更

大坂塾塾長 若者よ、大志を抱け

[有料会員限定]
 平成7年(1995年)、提携先をマツヤデンキからケーズホールディングスに切り替えた。

某経済誌が「マツヤのFC手数料、8%に不満」と報じたように、誤解されたのが提携先を変えた理由です。たとえ手数料が高くても、そのビジネスモデルに永続性があるか、価値があり十分な収益が生み出せ続けるかが重要なのです。

当時のケーズはマツヤより規模が小さく、実は仕入れ条件は悪化しました。しかし、それでも売上高は2年で2倍超の80億円、利益...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り951文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

「日経産業新聞」をお手元のデバイスで!

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

詳細はこちらから

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン