/

この記事は会員限定です

信州の郷土食「おやき」、新拠点で魅力発信 いろは堂

信越企業攻めの一手

[有料会員限定]

信州の郷土食「おやき」の魅力を発信する複合拠点「OYAKI FARM(おやきファーム)」を、製造販売大手のいろは堂(長野市)が7月に開業した。見学通路を設けた工場にカフェや店舗などを併設。国内外から観光客を呼び込み、需要拡大につなげる。

「多くの地域の、幅広い世代の人におやきを楽しんでほしい」。新拠点の狙いについて、伊藤拓宗専務はこう説明する。上信越自動車道長野インターチェンジ(IC)近くに立地...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り879文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません