/

この記事は会員限定です

崎陽軒・野並新社長「地域の名物 いちずに追求」

[有料会員限定]

横浜名物、人気の駅弁といえば崎陽軒(横浜市)のシウマイ弁当。5月、同社の新社長に創業家4代目の野並晃氏(40)が就任した。新型コロナウイルス禍で人々の移動への意識が大きく変わり、同社も通信販売やロードサイド店を強化。一方で野並社長は「今こそ『ローカル』『名物』にこだわる。『ローカル』が強みになる」と力を込める。来年は創業115年。崎陽軒のコロナ後の姿とは。

――31年ぶりの社長交代は、コロナ禍で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1857文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン