/

定期預金者に結城紬か大島紬のマスク 結城信金、抽選で

結城信用金庫(茨城県結城市)は奄美大島信用金庫(鹿児島県奄美市)との業務提携一周年にあたり、定期預金を契約すると伝統的な絹織物の「結城紬(つむぎ)」か「大島紬」のマスクが抽選で当たるキャンペーンを始めた。預金者に紬の魅力を肌で感じてもらい、地方創生の支援につなげる。

結城信金が始めた「地方創生支援定期預金」キャンペーンのチラシ

新たに20万円から300万円までの金額を預け入れる個人が対象で、期間は8月31日まで。店頭表示金利に0.001%(預入期間1~2年)か0.002%(同3~5年)を上乗せする。さらに契約額20万円ごとに抽選券を1口付与し、抽選で200人に紬のマスクをプレゼントする。期間中に投資信託を購入した人も対象とする。

紬産地を地盤とする両信金は2020年3月に業務提携を結び、同年夏に紬の小物が当たるキャンペーンを実施した。紬産地は着物の需要減と後継者難の逆風を受けているが、コロナ禍でマスクに利用する動きが広がっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン