/

バーチャル観光で集客 北陸大学、のと鉄道と研究

北陸大学(金沢市)は、のと鉄道(石川県穴水町)と共同で「バーチャル観光」の研究を始めた。2021年度中に主要駅のバーチャル空間をつくり、22年度にもアバター(分身)を通じてコミュニケーションができるイベントを企画する。里山里海の景色で知られる同鉄道の魅力を発信し、誘客につなげる。

ICT(情報通信技術)やマーケティングに詳しい経済経営学部の教員の指導を受けた学生たちの取り組みだ。まず、学生が穴水駅周辺などの写真を撮影、その写真を使って3次元コンピューターグラフィックス(3DCG)をつくる。一般の人が普段立ち入ることができない車庫も対象にする。

北陸大は20年夏、ICTを活用したものづくりや産学連携などを支援する「ものづくりLab」を開設。ICTによる地域社会の課題解決の一環で、過疎化が進む能登を走る、のと鉄道に着目した。研究に取り組む経済経営学部3年の大屋和輝さんは「バーチャル空間を多くの方に楽しんでもらいたい」と話している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン