/

この記事は会員限定です

「越冬トマト」、クリエーターらとブランドに 曽我農園

[有料会員限定]

トマト栽培の曽我農園(新潟市)は、冬の寒さを利用するなどして甘みとうまみを増したオリジナルブランド「越冬トマト」の販売を本格化する。ジュースなど加工商品も開発し、県外での展開も視野に入れる。また、新潟在住のデザイナーらと企画段階から連携し、ウェブサイトやパッケージも一新。コロナ禍で直売所での販売が苦戦していることから、ネット通販を強化する。

本格販売する越冬トマトは「ファースト系」と呼ばれる希少品...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り766文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン