/

この記事は会員限定です

岡山県、EV先進地域へ 企業間連携支援で部品開発

[有料会員限定]

岡山県が電気自動車(EV)シフトに対応した産業・地域づくりへの取り組みを強めている。県内にはEV生産拠点の三菱自動車の水島製作所(倉敷市)や部品サプライヤーが集まり、2022年度までの5年間を集中期間として企業向けセミナーなどに力を入れてきた。今後は企業間の連携を通じた部品開発なども促し、EV先進地域としての存在感を高める。

「軽自動車のEVがここで造られるのは本当に大事なこと。岡山はEVが売り...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り892文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン