/

小千谷のニシキゴイが泳ぐ東京駅近くの広場がオープン

新潟県小千谷市が特産のニシキゴイ50匹を放流した東京駅近くの大規模広場「TOKYO TORCH Park」が21日、グランドオープンした。広場は三菱地所が常盤橋エリアで進める大規模複合再開発「東京駅前常盤橋プロジェクト」で整備。小千谷市はニシキゴイの魅力発信や観光振興・特産品の販路拡大につなげる考えだ。

池の周辺にはニッポン放送が小千谷市の祭りの音や鳥のさえずりなどの環境音が流れるパイプスピーカーを設置し、居心地の良さを演出する。広場中央にはデンマークを拠点に活動する遊具製作会社「MONSTRUM モンストラム」製の天然木を使用したダイナミックな造形の鯉池アート遊具を置いた。

21日に予定していた放流式は、東京都を対象とした緊急事態宣言を受けて延期した。緊急事態宣言解除後に新型コロナウイルスの感染状況をみたうえで実施する予定だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン