/

山口知事選、村岡県政への評価など争点

任期満了に伴う山口県知事選が20日告示された。いずれも無所属で、非政府組織(NGO)「新日本婦人の会」県本部会長の千葉まり氏(68)=共産推薦、社民支持=と、現職で3選を目指す村岡嗣政氏(49)=自民、公明推薦=の2人が立候補した。2期8年の村岡県政への評価が主な争点になる。投開票は2月6日。

千葉氏は山口市内での第一声で、県内の新型コロナウイルス感染急増は「岩国の米軍基地が原因」と指摘し、「国にも米軍にも物が言えない。自民党の言いなり」と村岡県政を批判。高校卒業までの医療費無料化などに取り組むと訴えた。市民団体「市民連合@やまぐち」が支援する。

村岡氏は県庁前での出陣式で「ワクチン接種を全国1位のペースで進め、全国トップクラスの病床・宿泊療養施設を整備した」とコロナ対応などの実績を強調。「コロナから県民の命を守り、傷んだ経済・社会を発展的に再生させていく」と訴えた。村岡氏は選挙期間中、選挙カーに乗らず、集会も開かず、県庁でコロナ対応に専念する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン