/

この記事は会員限定です

洋上風力発電、合意のカギ 弘前大学など漁業多項目調査

[有料会員限定]

洋上風力発電整備に必要な漁業影響調査で、多項目を解析する手法の開発が進んでいる。弘前大学や海洋生物環境研究所は、魚種の違いや施設整備・稼働の工程ごとの影響調査に取り組む。ただ、きめ細かい項目の調査は不安を覚える漁業者の理解を得やすくするが、洋上風力発電がもたらす影響の全体像が把握しにくくなる面もある。円滑な合意形成には何が必要になるのか。

「漁業者の不安解消につなげたい」。弘前大学地域戦略研究

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1219文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

カーボンゼロ

温暖化ガス排出を実質ゼロにするカーボンゼロ。EVや再生可能エネルギー、蓄電池、各国政策などの最新ニュースのほか、連載企画やデータ解説を提供します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません