/

この記事は会員限定です

房総里山芸術祭が開幕、小湊鉄道沿線に90作 1年半遅れ

(更新) [有料会員限定]

千葉県市原市などを走るローカル鉄道、小湊鉄道(同市)の駅舎や沿線の空き店舗、廃校などを展示会場とした「房総里山芸術祭 いちはらアート×ミックス2020+」が19日に開幕した。2020年春に開く予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大で延期を重ね、約1年半遅れで実施にこぎ着けた。

芸術祭は過疎化が進む里山地区を活性化しようと市などがつくる実行委員会(会長・小出譲治市長)が14年から3年ごとのトリ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り467文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン