/

この記事は会員限定です

横浜美術館、長期休館でも自宅でアート満喫

おでかけスポット ステイホーム編

[有料会員限定]

横浜市のみなとみらい21地区で1989年に開館した横浜美術館。近・現代の作品などを集めた同市の文化芸術のシンボルだ。初の大規模改修に伴い2023年度までの長期休館に入った。新型コロナウイルス禍も重なり「オンラインで楽しむ横浜美術館」として自宅で楽しめるコンテンツを充実させる。

石造りの美術館は、東京都庁舎などを手がけた丹下健三の設計。館の前に広がる公園から美術館に足を踏み入れると、大空間「グランド...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り723文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン