/

この記事は会員限定です

鳥取の廃校校舎で新興企業育つ 地域交流で化学反応

鳥取・隼ラボの実験㊤

[有料会員限定]

鳥取県八頭町で2017年に廃校校舎を改装して開業した貸しオフィスや街づくり拠点「隼Lab.(はやぶさラボ)」で、スタートアップ企業育成の独自モデルが生まれている。入居企業同士が刺激を受け合うだけでなく、高齢化が進む地域と積極的に関わり化学反応を生み出している。地域活性化と一体のビジネス育成の実験場として注目を集める。

6月の日曜日、運動場からドローンが空高く舞い上がった。ドローン講習などを運営する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1569文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン