/

東京都、若年男性の「2回目ファイザー」受け入れ

東京都は新型コロナウイルスワクチンの大規模接種会場で、1回目に米モデルナ製を接種した10~20代男性が希望すれば2回目に米ファイザー製を接種できるようにする。モデルナ製の接種後に心筋炎や心膜炎が疑われる症状の報告が、若年男性で多い傾向にあることに配慮した。

JR東京駅直結の地下通路にある「行幸地下ワクチン接種センター」(千代田区)や青山学院大学青山キャンパス(渋谷区)、一橋大学国立キャンパス(国立市)、都立大学南大沢キャンパス(八王子市)の会場で接種を実施する。1回目にモデルナ製を接種したのがその他の会場だった場合も受け付ける。

厚労省は15日、1回目にモデルナ製を接種した10~20代の男性が希望すれば2回目にファイザー製を選ぶことができるようにする方針を示している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン