/

長野市、高齢者向け集団接種に大規模会場を設置

長野市は19日、高齢者向けの新型コロナウイルスのワクチン接種で、集団接種の大規模会場を設置すると発表した。3時間で最大3240人を接種できる体制を整える。従来は1会場あたり270人で想定していた。新たな会場の設置で、政府が求める7月末までの接種完了を目指す。

市は基礎疾患のない高齢者向けに21日から集団接種の予約を受け付け、29日以降に接種を始める予定だ。大規模会場には市の施設であるエムウェーブとビッグハットを使い、それぞれ3時間あたり1620~3240人の接種に応じる。長野駅から両会場に向かう無料のシャトルバスも用意する方針だ。

市では約10万人の高齢者の接種を見込んでおり、このうち集団接種は3万9千人ほどを想定。残りは医療機関での個別接種を計画している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン