/

クレヨンしんちゃんで観光連携 埼玉・秋田・熊本

人気アニメ「クレヨンしんちゃん」にゆかりのある埼玉、秋田、熊本の3県は20日、「家族都市」協定を結んだ。同アニメが放映開始から30年を迎えたことをきっかけに、しんちゃんと関係の深い3県が観光振興や地域活性化などに共同で取り組む。

クレヨンしんちゃんの漫画原作者の臼井儀人氏(故人)は埼玉県春日部市で育ち、同市に長く住んだ。主人公の野原しんのすけ一家も埼玉県在住という設定だ。父・ひろしは秋田県出身、母・みさえは熊本県出身で、作中には両県もたびたび登場する。

協定には漫画出版元の双葉社のほか、3県で鉄道、航空を運営するJR東日本や日本航空、全日本空輸も協力する。3県の魅力をしんちゃんの視点で伝えるキャンペーンを展開するほか、各県はスタンプラリーの実施、しんちゃんや熊本県のキャラクター「くまモン」などとのコラボ商品の販売などを検討する。

さいたま市内で締結式に出席した埼玉県の大野元裕知事は「3県が野原家のように力を合わせ、多くのお客さんを迎えられるようにしたい」と期待を示した。秋田県の佐竹敬久知事は「姉妹都市はよくあるが、姉妹県というものはない。相互交流を進めたい」、熊本県の蒲島郁夫知事は「熊本はくまモンによってキャラクターの力のすごさを感じている。3県を家族として盛り上げたい」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン