/

埼玉知事「緊急事態宣言、常に選択肢の一つ」

報道陣の質問に答える埼玉県の大野元裕知事(19日、埼玉県庁)

埼玉県の大野元裕知事は19日、大阪府や東京都などで新型コロナウイルス感染拡大に伴う3度目の緊急事態宣言の要請に向けた動きが相次いでいることについて、「それぞれの知事が状況を見ながら考えることだ。埼玉県も宣言を含め、常に様々な選択肢を考えている」と述べた。

大野知事は埼玉県内の感染状況について「感染者の増加ペースは上がってきているが、関西のような極端な状況ではない」と述べ、現段階では緊急事態宣言の発令を要請する状況にはないとの認識を示した。

埼玉県では20日から、さいたま市と川口市で緊急事態宣言に準じた対策を取れる「まん延防止等重点措置」が適用される。大野知事は「まん延防止措置期間中でも緊急事態宣言に移行することはあり得る。県の状況を見て冷静に判断したい」として、今後の感染者数や変異ウイルスの状況などを見極めた上で対応を検討する考えを示した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン