/

埼玉県でも第7波が急拡大、新規感染1日平均5千人超続く

新型コロナウイルスの感染「第7波」が埼玉県でも急速に拡大している。18日まで6日間連続で1日当たりの新規感染者数が5千人以上となり、連休明けで感染者数が少ない傾向にある19日の新規感染者数も3380人だった。前週の同じ曜日を大きく上回り、1週間平均の感染者数も1日5千人を超えた。県は同日、新型コロナに関する専門家会議を開き、今後の医療、自宅療養体制などを協議した。

大野元裕知事は会議の冒頭、「陽性者の多寡にかかわらず重症者対策を重視するが、陽性者の急増によって医療機関の負担が増える懸念がある」と述べ、新規感染者の数ではなく、医療体制の逼迫度合いを見極めて対策を講じる考えを改めて示した。

県によると、7月13日に新規感染者が5002人となり、2月24日以来約4カ月半ぶりに5千人を超えた。その後、18日まで5千人台から6千人台で推移し、ピークだった2月上旬の7353人に迫っている。新型コロナの変異型「オミクロン型」の派生型である「BA.5」への置き換わりが進んだことが、感染拡大の主因とみられる。

県は第6波が落ち着いた後、いったん縮小したコロナ病床(940床)を25日までに1575床に再び引き上げる考えだが、現在運用しているコロナ病床の使用率は7割を超えた。今後さらに感染拡大が続けば医療体制が逼迫する恐れもある。

大野知事は19日の記者会見で、「重症者の割合は低く死亡者も少ないが、病床使用率は上がってきている。最悪の状況を想定しつつ、専門家の意見を聞いて感染状況に応じ対策を講じたい」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン