/

この記事は会員限定です

「おもてなし」も手探り 旅館や飲食店、感染抑制に腐心

ウィズコロナの現場(2)

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大が一服し、観光地や繁華街にも客足が戻り始めた。北陸を代表する老舗旅館の加賀屋(石川県七尾市)も「予約件数は増えつつあり、良い流れになっていると思う」。営業企画課長の張原滋は手ごたえを感じながらも、満面の笑みには遠い。

石川県で8日から県民向けの旅行割引が始まったこともあり、10月以降の予約は回復傾向にある。それでもコロナ禍前の2019年秋に比べ、足元の予約状況は5割ほど...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り747文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン