/

秋田内陸線市場、2年ぶり開催 27~28日に秋田市で

秋田県や北秋田市、仙北市で組織する秋田内陸地域公共交通連携協議会は27~28日、秋田市内で「秋田内陸線市場」を開く。第三セクター、秋田内陸縦貫鉄道(北秋田市)の沿線地域の食材や特産品を販売するほか、観光もPRし、同社の経営支援に役立てる。開催は2年ぶり。

同市場はJR秋田駅東西連絡自由通路を会場に、地元の野菜や果物、バター餅、いぶりがっこ、ジャム、ハチミツなどを販売する。11社・団体が出店を予定し、販売時間は両日ともに午前9時半から午後3時半まで。2015年から毎年開いてきたが、20年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で開催を見送った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン