/

ゴディバのチョコ、福井のそばとマリアージュ

高級チョコレートブランドのゴディバジャパン(東京・港)は19日、福井県のそば店84店舗と連携したキャンペーンを始めると発表した。25日~12月25日まで、連携店舗でそばを食べると食後にゴディバのチョコレート1枚がもらえる。ジェローム・シュシャン社長は同日福井県庁で会見し「そばのあとには必ずチョコが食べたくなる。後味のよさのマリアージュを楽しんで」と話した。

ゴディバジャパンは8万枚の「ゴディバピュア85% ダークチョコレート カレ」を無償提供する。12店ではチョコとそばを組み合わせた独自メニューも提供。シュシャン社長は「ウェブサイトのほか、個人的にも各所でアピールする」と話した。

今後も福井県内の伝統工芸や日本酒、食べ物などとの連携商品を企画する。クリスマスやバレンタインの商戦をにらみ、越前漆器を使ったチョコ専用の小箱「バロタン」の商品化も決めた。シュシャン社長は「県内企業から直接提案をいただけるよう、近くSNS(交流サイト)などで専用窓口を開設する」と話した。

同社は運営するカフェなどで全国各地の食材とのコラボメニューなどの展開を進めている。シュシャン社長は「ゴディバはグローバルブランドだが、もっとローカルな材料、伝統工芸、商品と一緒になり、新しいブランドにしていきたい。その第1弾が福井との連携だ」と話す。

福井県は同日、シュシャン社長に福井の魅力を国内外に発信する「フクイブランド・グランシュバリエ」を委嘱した。杉本達治知事は「北陸新幹線の敦賀開業に向け、福井の魅力を世界に大きく発信していただきたい」と話した。

シュシャン社長は学生時代に大本山永平寺(福井県永平寺町)を訪れており、「初めて覚えた日本語はヒッチハイク用に書いた『福井』だった」と話す。その縁で、2月にゴディバ運営のカフェで県産品コラボメニューを提供していた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン