/

この記事は会員限定です

横浜でミニシアター経営の梶原さん 30周年で映画製作

ひと輝く

[有料会員限定]

横浜市中区にあるミニシアター「シネマ・ジャック&ベティ」は2021年12月に開館30周年を迎える。支配人の梶原俊幸さん(44)は30周年を記念して、横浜を舞台にした映画製作に挑戦する。地元の人たちと協力してミニシアターの新たな姿を模索している。

新型コロナウイルスの影響で、最初の緊急事態宣言がでた20年4月から2カ月間は休館せざるを得なかった。その間、営業再開後に鑑賞できるチケットや幕あいに名前を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り443文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン