/

能登ヒバの楽器が続々 バイオリンやエレキ、周辺機器も

石川県の能登ヒバ(別名アテ)を使った楽器制作プロジェクトの始動から1年が経過し、製品開発が活発化している。木材卸のフルタニランバー(金沢市)が中心になった企画で、バイオリンやエレキギターといった楽器が誕生したほか、楽器の周辺機器にも利用が広がる。輸入木材が不足する「ウッドショック」もあり、関連メーカーの開発意欲も高い。

同プロジェクトは「アテノオト」で、2021年に始めた。主に建材に使われる能登ヒバ材を楽器メーカーなどに提案し、楽器材としての価値を創造する取り組みだ。まず、石川県内の楽器メーカーがギター、太鼓などを試作した。その後、県外に本社を置く企業との連携による製品開発が相次ぐ。

山猫バイオリン工房(群馬県藤岡市)は表板、ネックに付いている指板などに能登ヒバを使ったオーダーメード品を開発した。高級品と遜色ない音量や音色が実現したという。バイオリン材の一部が貴重になりつつあるほか、防腐や防虫に強い木である点にも期待している。

フルタニランバーはこのバイオリンの試奏を金沢交響楽団に依頼した。西野卓実団長は「音が大きいのが特徴。映画音楽のような軽音楽などに活用できる」と評価する。

総合楽器店大手の島村楽器(東京・江戸川)は長野県内の楽器メーカーと連携し、エレキギターやウクレレといった楽器を企画した。エレキギター、ウクレレともにボディーやネックに能登ヒバを使った。同社は「軽量で手触りも良く、軽いので演奏しやすい」としている。

楽器ではこのほか、福井県の会社がハープ、東京都の会社がドラムを作るといった動きが出ている。楽器は海外産材を使うケースが多かった。輸入材の不足に加えて、円安の影響もあり、国産材には追い風になっている。

楽器の周辺の機器にも採用が広がる。ギターのアンプの間につないで音に変化を与えるエフェクター、低音を増幅するスピーカースタンドなどにも能登ヒバが使われるようになった。

プロジェクトが軌道に乗ってきたのは、輸入木材の不足に加えて、フルタニランバーが反りや割れを防ぐ高品質な木材を供給しているからだ。高速乾燥技術を使って木材から水分を効率よく蒸発させる。ギターのネックなど耐久性を求められる箇所は、圧縮させることで強度を上げている。

能登ヒバは消臭効果、抗菌効果などが注目されて建材として使われている。古谷隆明社長は「アテノオトは音響効果に注目している。さらに地域材を活用することで木材業界活性化に一役買いたい」と指摘する。新規の取引先の開拓にもつながるという。

(石黒和宏)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません