/

この記事は会員限定です

独自サービスで児童呼び込め 首都圏保育所、競争激化で

ハッシュタグ

[有料会員限定]

首都圏の保育所で、オムツなどを施設で用意し、保護者が手ぶらで送迎できるサービスが始まるなど、独自サービスを拡充する動きが広がっている。待機児童問題を解消するため、保育所の開設が急増。少子化も進むなか、児童を獲得するための競争が激化している。

千葉市を中心に認可保育園などを13カ所運営するハイフライヤーズ(千葉市)は1月、おむつや昼寝用布団などを施設で用意し、保護者が多くの荷物を持参せず、ほぼ手ぶ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1563文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン