/

日本公庫、男鹿海洋高校で出張授業

日本政策金融公庫は19日、秋田県男鹿市の秋田県立男鹿海洋高校で「高校生ビジネスプラン・グランプリ」に向けた出張授業を行った。同校は市や外食チェーンのドリームリンク(秋田市)と連携。水産やビジネス、食などの分野で地域を担う人材育成につなげるプロジェクトを進めており、出張授業では生徒のこうした取り組みを後押しする狙いもある。

出張授業では起業する場合に必要な商品サービスや顧客をどうするかや、収支計画の立て方などを解説。生徒は地元の男鹿湾でとれたタイを使い、ご飯を一緒に炊き込む「タイ飯のもと」の商品化などについて担当者に助言を受けた。

男鹿海洋高は秋田県内で唯一、水産科がある。産学官連携では同校は市やドリームリンクの協力を得て、成果発表会などを予定している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン