/

川崎市、プラスチックの循環プロジェクト設立

川崎市は19日、プラスチック資源の循環を目指すプラットフォーム「かわさきプラスチック循環プロジェクト」を設立した。リサイクル事業者、飲料メーカー、小売事業者と連携し、回収したペットボトルの再利用に取り組む。

リサイクル事業者のJ&T環境(川崎市)、ペットリファインテクノロジー(同)、飲料メーカーのアサヒ飲料、サントリーホールディングス、小売業のイトーヨーカ堂、セブン―イレブン・ジャパンと提携した。店舗で回収したペットボトルをリサイクル事業者が原料用に加工し、飲料メーカーがペットボトルとして再利用する。

市は今後、プラスチック製容器包装や製品プラスチックなどの循環プロジェクトについても検討する。設立にあたり、福田紀彦市長は「脱炭素戦略を進める上で、プラスチックの有効活用は重要な課題。市民の資源循環に向けた行動変容につなげていきたい」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン