/

この記事は会員限定です

銘建工業、ロシア極東部から集成材原料 欧州材急騰で

[有料会員限定]

集成材大手の銘建工業(岡山県真庭市)は、ばら積みバルク船を使ってロシア極東部から原材料輸入を開始した。通常は主にコンテナ船で北欧から輸入するが、世界的な木材不足「ウッドショック」による需給逼迫で欧州材価格が高騰。新型コロナ下の巣ごもり需要で食料品運送が増え、コロナ感染拡大で荷役作業は遅れてコンテナ船確保が難しくなり、納期も不安定になっているため。

同社はフィンランドやスウェーデンなど北欧を軸に、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り241文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン