/

この記事は会員限定です

北関東と山梨、農地の稼ぐ力2桁増 茨城サツマイモ強化

データで読む地域再生 関東・山梨

[有料会員限定]

関東・山梨の1都7県で農地の稼ぐ力に差が広がっている。2020年の耕地1ヘクタールあたりの農業産出額は05年に比べて北関東3県と山梨県で2桁伸びた。群馬は全国トップの31.6%増、山梨は2位の29.0%増だった。一方で南関東は千葉県と埼玉県がマイナスとなるなど収益性が下がった。

茨城県は20年の農業産出額が北海道、鹿児島県に次いで全国3位を誇る。耕地当たりの収益性を高めるけん引役の一つと位置づけ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1386文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン