/

埼玉りそな銀行、オンラインで子ども向け金融イベント

埼玉りそな銀行は19日、子どもに経済や金融の仕組み、金融機関の役割を伝えるイベント「りそな・みらいキッズマネーアカデミー」を開催した。これまでは子どもたちを実際に集めて開催していたが、2020年度は新型コロナウイルスの影響で中止となり、今回初めてオンライン形式を導入した。

この日は埼玉りそな銀の本社やりそなグループの支店、埼玉県、東京都など全国の小学3~6年生約150人をオンラインで結んだ。埼玉りそな銀の福岡聡社長は冒頭、「お金は誰かのために役に立つ形で使うと、多くの幸せを生み出す。皆さんが豊かな未来をつくってほしい」とあいさつした。

子どもたちは埼玉県出身の実業家、渋沢栄一の功績や経済と道徳を両立させる考え方を学んだ後、グループワークに参加。埼玉りそな銀のさいたま営業部では、2人の行員が預金、貸出、為替という銀行の三大業務やお金の仕組み、使い方について5人の子どもと対話した。

福岡社長は「子どもにお金の大切さを伝えるため、リアルとオンラインを併せて使うと効果が出ると感じた。コロナ禍の今、人のために役に立つという発想は重要だ」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン