/

鈴与商事、甲府支店新社屋にニアリーZEB認証

ニアリーZEBの認証を受け災害時には地域防災拠点としての役割を担う(甲府市の鈴与商事甲府支店)

エネルギー商社の鈴与商事(静岡市)は22日、甲府支店の新社屋(甲府市)が国の推進する省エネルギービルの認証「ニアリーZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)」を取得したと発表した。屋上部分の太陽光発電のほか、断熱性能の高い外壁やLED照明などにより、1次エネルギー消費量を80%削減したという。

ZEBは建物で使うエネルギーを削減する一方、太陽光発電などの創エネにより、1次エネルギー消費量を実質ゼロにした建物に与えられる認証で、「ニアリーZEB」は一般的な建物と比べ1次エネルギー消費量を75%以上削減することを基準とする。

22日に新社屋の竣工式を開いた。新社屋にはふとん乾燥機なども備えた24時間営業のコインランドリーを開設したほか、ショールーム機能も持たせた。

同社は甲府市と防災協定を締結しており、甲府支店が備蓄するLPガスや灯油、非常用発電機で発電する電気、ポンプでくみ上げた地下水を災害時に提供する。ショールームでの炊き出しも可能で、停電時にもコインランドリーの一部を稼働させることができ、地域防災拠点としての役割を担うという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン