/

自動車部品の山口工業、山口市の工場増設

山口市と事業所増設協定を結んだ

自動車部品製造の山口工業(山口市)は本社工場を増設する。同社と親会社のマルヤス工業(名古屋市)は19日、山口市と事業所増設の協定を結んだ。増設する工場では、マツダが2022年から防府工場(山口県防府市)で生産を始める新型車向けの燃料パイプなどを製造する。

新工場は本社工場の敷地内に床面積750平方メートルの建屋を建設する。設備投資額は約1億8000万円。22年1月に操業を始める。従業員10人の新規採用を計画している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン