/

この記事は会員限定です

コンコルディア片岡次期社長「課題解決型融資2倍に」

[有料会員限定]

横浜銀行と東日本銀行を傘下にもつコンコルディア・フィナンシャルグループが新体制に移行する。大矢恭好社長に代わり、片岡達也執行役員が6月に社長に就任する。横浜銀行頭取には4月1日付で就任した。2022年度からの中期経営計画では課題解決型ビジネスの拡大を重点戦略に掲げた。片岡氏に今後の成長戦略を聞いた。

――4月から新たな中期経営計画が始まりました。どのような点を重視していますか。

「前の中計の3年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1515文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン