/

この記事は会員限定です

首都圏に迫る郊外住宅の超高齢化 住民間の支援必要

点照

[有料会員限定]

横浜に急速に高齢化が進むかつての「ニュータウン」がある。横浜市栄区庄戸地区。敷地面積260平方メートル前後の戸建てが並び約3000人が住む高級住宅地は、多くが75歳以上の世帯。65歳以上の高齢者率は51%を超え、高齢化が進む横浜でも突出する。農村なら「限界集落」と呼ばれる水準だ。

1970年代前半から宅地開発が進んだ庄戸は、JR根岸線港南台駅からバスで20分ほど。40代半ばを中心としたサラリーマ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り740文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン