/

東京都、子ども政策推進でイベント

東京都は19日、子どもが生き生きと過ごせる社会の実現を官民連携で目指す「こどもスマイルムーブメント」のキックオフイベントを都内で開催した。小池百合子知事や野田聖子少子化相らが登壇し、都のプログラムに参加した小中学生と意見交換した。政府は子ども政策の司令塔「こども家庭庁」を2023年度にも新設することから、小池氏は「うまく連携していきたい」と述べた。

都は長期戦略のなかで子ども政策を中核に位置づけており、21年4月には子ども政策の推進に向け「東京都こども基本条例」も施行した。こどもスマイルムーブメントへの参画を表明した約900の企業・団体と連携して、男性の育児休暇の取得推進や子ども目線でのまちづくりなどを進めていく考えだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン