/

この記事は会員限定です

東京都、時短協力金の支給迅速に 要員7割増や一括申請

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

新型コロナウイルス対策の営業時間短縮要請に応じた飲食店などへの協力金について、東京都が迅速化を急いでいる。支給までに時間がかかり経営が逼迫している事業者の不満が高まっているためだ。申請書類を審査する職員などを7割増やすほか、申請の受け付け方法も見直す。

都は4月12日~5月11日の時短要請に対する協力金申請を、6月21日に郵送で受け付け始めたほか、30日からはオンラインでも対応する。申請本格化に合...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り549文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン