/

前橋市、スーパーシティの推進体制強化 委員会へ改組

前橋市は27日、先端技術で地域活性化を目指す「スーパーシティ(SC)」実現に向けた準備組織を変更した。従来の「前橋市SC準備検討会」を改組して「前橋市SCスマートシティ推進委員会」にした。SC実現に向けて準備を加速させるのが狙い。

同日に8回目となる前橋市SC準備検討会が開かれ、推進委員会へ「格上げ」することが決まった。推進委員会では、2021年度内とみられる国のSC地区指定に向けて計画の再提出など準備を進める。同時に一部の計画をSCの地区指定から切り離して進め、デジタル化を加速させる。

具体的には、住民に付与する独自のデジタル個人認証「まえばしID」を22年9月にも構築するための準備を進める。また、市と企業が出資予定の新会社「前橋めぶくグラウンド」設立に向けた協議も行う。

前橋市は20年10月に産官学の代表者らで組織する前橋市SC準備検討会を設立。SCの具体的な計画を協議したり、国内外から最終的に約160の連携事業者を募ったりした。

人工知能(AI)などを活用するSC構想を進める国は当初、全国から応募のあった約30地区から6月にも5地区前後を選ぶ予定だった。ただ、国は提出された計画を「大胆な規制改革の提案に乏しい」などと評価。各地区へ修正と再提出を8月に求めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン