/

小池氏「五輪パブリックビューイング中止」 首相と会談

(更新)
菅首相との会談後、記者団の取材に応じる小池都知事(19日、都庁)

菅義偉首相と東京都の小池百合子知事は19日、首相公邸で約1時間会談した。東京五輪・パラリンピックについて小池氏は、新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため都内で開くパブリックビューイング(PV)やライブサイトを中止する方針を伝えた。終了後、都庁で記者団に「首相からご理解を得た」と話した。

小池氏は代々木公園と井の頭公園のライブサイト会場をワクチン接種会場に転用することも明らかにした。ワクチン接種については「首相からは特に職域接種が猛烈な勢いでいま集まってきているという話があり、(ワクチンを)『ゲームチェンジャー』として接種を加速していこうと意見がまとまった」と強調した。

焦点となっている五輪競技会場の観客上限については「21日の(政府や大会組織委員会などと開く)5者協議での話になる」として明言を避けた。

5者協議は国際オリンピック委員会(IOC)、国際パラリンピック委員会(IPC)を交えて開く。大会組織委は各会場の定員の50%または1万人のいずれか少ない方を観客上限とすることで最終調整しているが、より厳しい対応を求める専門家の声もある。

政府の新型コロナ対策分科会の尾身茂会長らは18日に「無観客開催が最も感染拡大リスクが少ないので望ましい」と政府や大会組織委に提言。小池氏は同日の記者会見で「専門家の意見として拝聴していくことが必要だ。こうした意見を踏まえて国、組織委員会と対策の具体化を進める」と述べていた。

小池氏は首相との会談後、PVなどを中止する一方で、ウェブを活用した文化・国際交流を進める考えも示した。ライブサイト会場は岩手、宮城、福島、熊本にも設置が予定されているが小池氏の言及はなかった。

都は大会組織委と共同で日比谷公園と上野公園、都立大南大沢キャンパス(八王子市)、調布駅前(調布市)の4カ所にPV会場、代々木公園と井の頭公園の2カ所にライブサイト会場を設けることを予定していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン