/

この記事は会員限定です

「北陸の再エネ、自治体自ら戦略を」国際大・橘川副学長

創るHOKURIKU

[有料会員限定]

2022年は温暖化ガス排出を実質ゼロにするカーボンゼロに向けて、世界の動きが一層加速しそうだ。北陸3県の企業や行政は何をすべきか。エネルギー政策に詳しく、富山県再生可能エネルギービジョン改定検討会議の座長も務める国際大学の橘川武郎副学長に聞いた。

――北陸の再生エネルギーの現状をどうみますか。

「ポテンシャルはある。水力は北陸電力のほか、関西電力Jパワーも発電所を持ち、富山県を中心に豊富な資源...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1349文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

カーボンゼロ

温暖化ガス排出を実質ゼロにするカーボンゼロ。EVや再生可能エネルギー、蓄電池、各国政策などの最新ニュースのほか、連載企画やデータ解説を提供します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン