/

この記事は会員限定です

萩原工業、空間用虫よけ剤の新製品 120日間効果持続

[有料会員限定]

合成樹脂繊維大手の萩原工業は、空間用虫よけ剤の新製品を11月1日に発売する。フィルム内に染み込ませた薬剤の放出量を一定に保つことで約120日間効果が続くという。食品工場や飲食店、コンビニエンスストアの店舗などへの展開を視野に入れる。

「レイシス忌避フィルム」を発売する。施設の出入り口付近や厨房機器のすきま、マンホールなどにつるすことで、コバエやクモなどの害虫を空間から避けられる。

レイシスは小さな隙間が多...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り229文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン