/

この記事は会員限定です

「毎食、キノコを食卓に」 ホクト・水野雅義社長

企業研究㊦ キノコ消費拡大に挑む

[有料会員限定]

燃料や資材の価格高騰によりキノコの製造原価が上昇しているが、価格に十分反映できない状況が続いている。収益性を改善するには需要底上げが必須で、ホクトの水野雅義社長は「毎食、キノコを食べてもらうのが究極の目標」と語る。

――中期経営計画では「健康を届ける」というビジョンを掲げました。

「人間誰しも健康でありたいと思っている。キノコが体にいいとなれば、それを使って料理しようと考えるだろう。中計を発表し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1252文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません