/

この記事は会員限定です

「春夏もキノコ食べて」 ホクト、新しい食べ方提案

企業研究㊥ キノコ消費拡大に挑む

[有料会員限定]

「滑り出しはとてもいい、手応えを感じている」。ホクト商品開発課の黒柳悟史課長は力を込める。10月に発売したシーズニング(粉末調味料)「いためのこ」は、初めて自社開発した調味料だ。畑違いとも言える分野だが、キノコ消費拡大のため新たな挑戦に踏み切った。

キノコや野菜、肉類を炒めてあえるだけで、簡単にボリューム感があり主菜となる料理が出来上がる。味付けは「ガーリック」「ヤンニョム」「ピリ辛かつお」の3...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1419文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません