/

この記事は会員限定です

広島の「がんす」、魚のすり身揚げ アレンジも自在

食紀行

[有料会員限定]

広島県には知る人ぞ知る食べ物がある。その名も「がんす」。魚のすり身にパン粉をつけて揚げた食品だ。誕生は戦後まもなくとされるが、最近になって注目が集まり、都内のアンテナショップや土産物店でも人気が高い。

がんすの名は「~でございます」という広島方言に由来する。広島でも局地的な食べ物だ。その一つが広島市西区の草津エリア。広島最大の漁港が近く、かまぼこなど練り物の製造業者が集まる。10年ほど前からがんす...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り998文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン